Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、42件の脆弱性を修正したJavaのアップデートを公開 - 深刻な脆弱性多数含む

Oracleは、脆弱性を修正する「Java SE」の「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。当初定例アップデートを6月18日に予定していたが、2月に4月へ前倒しすることを予告していた。

今回のCPUでは、「JRE」や「JDK」において、あわせて42件の脆弱性へ対応。セキュリティ以外の修正も2件含まれる。「同7 Update 17」「同6 Update 43」「同5 Update 41」「同1.4.2_41」「JavaFX 2.2.7」および以前のバージョンが影響を受ける。

共通脆弱性評価システムである「CVSS v2」において、3段階中もっとも深刻な「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は、今回修正された脆弱性のうち28件に及び、そのうち19件はもっともスコアが高い「10.0」だった。悪用されると、リモートでコードが実行されるなど、深刻な被害をもたらす可能性がある。

同社やセキュリティ機関では、インストールされているJavaのバージョンを確認し、最新バージョンへアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散