Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

各府省庁へのCSIRT設置が完了、PoC会合を開催

政府は、各府省庁が設置したCSIRTの連絡窓口担当者「PoC(Point of Contact)」による会合を開催した。

政府では、関連機関を狙ったサイバー攻撃が発生していることから、障害や事故発生時に対応するインシデント対応チーム「CSIRT」の整備を各府省庁へ早急に進めるよう要請してきたが、3月をもって体制が整ったことから、第1回目のPoC会合を開催したもの。

同会合を通じて、PoCと内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)で緊密に連携し、CSIRT機能の維持や向上を目指すほか、情報セキュリティに関する脅威や技術の動向といった情報の共有を進める。

会合の調整役は、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が担当。今後、年2回程度を基本として定期的に開催していく予定。

(Security NEXT - 2013/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
日立と慶大、「分散型セキュリティオペレーション」構想を提唱 - インシデント対応を迅速化
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」