Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートを公開 - 4件の脆弱性を修正

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、複数の脆弱性を修正した。

今回のアップデートは、メモリが破壊など脆弱性4件を解消するプログラム。脆弱性は、すべてのプラットフォームに影響があり、悪用されるとコードを実行され、システムの制御を奪われるおそれがある。

同社では、脆弱性を修正した最新版としてWindowsとMac OS Xの利用者向けに「同11.7.700.169」、Linuxに「同11.2.202.280」を用意。また「同11.x」へアップデートできないユーザー向けに、ウェブサイトで「同10.3.183.75」を公開している。

さらにAndroidユーザーに対しては「同11.1.115.54」「同11.1.111.50」を提供する。ただし、Androidへの新規提供は2012年8月に終了しており、従来からの利用者に限られる。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」へ同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応。また「Adobe AIR」についても「3.7.0.1530」へアップデートした。

同社では、適用優先度について「Windows」を3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、72時間以内にできるだけ早くアップデートを実施するよう推奨している。

「Mac OS X」は、1段階低い「2」で、30日以内のアップデートを目安とした。それ以外のプラットフォームは、適用優先度「3」となっている。

(Security NEXT - 2013/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ