Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の月例セキュリティパッチは9件 - 深刻度「緊急」2件含む

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新プログラム9件を、4月10日に公開する予定だ。

深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは2件。「Windows」「Internet Explorer」の脆弱性に対応する。ともに悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがあるという。

のこりの7件は、いずれも深刻度「重要」にレーティングされているプログラム。「Windows」「Office」「セキュリティソフト」「サーバ」などにおいて、特権の昇格や情報漏洩、サービス拒否といった問題に対処する予定。

(Security NEXT - 2013/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
Chromeにアップデート、「クリティカル」の脆弱性を修正
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」へのゼロデイ攻撃、国内でも11日より観測
WordPressサイトの管理プラグインなどに深刻な脆弱性
「VMware Tools」の一部バージョンに権限昇格の脆弱性