Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、メールセキュリティサービスにOffice365との連携機能を追加

インターネットイニシアティブは、クラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス」に「Office 365」との連携機能を追加した。

同サービスでは、ウイルスや迷惑メールの対策のほか、誤送信対策、添付ファイルの暗号化、ログおよび統計情報保存、メールアーカイブなど、メールセキュリティに必要な機能を用意しており、必要に応じて機能を選択して利用できる。

今回あらたにOffice 365に対応。「Office 365」をワンストップで提供できる販売体制を構築し、初期設定やユーザー情報の登録、Active Directoryとの連携、シングルサインオンの導入、管理者教育など、初期導入を支援するソリューションについてもあわせて提供する。

(Security NEXT - 2013/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス