Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「gooID」に対してブルートフォース攻撃 - 約3万件に不正ログイン

NTTレゾナントは、同社会員サービス「gooID」に対し、不正ログインを試みる不正アクセスを検知したとして、該当するアカウントのログインを一時凍結した。現時点で利用者の被害は確認されていないという。

同社によれば、4月2日11時30分ごろに、特定のIPアドレスから「ブルートフォース攻撃」と見られる不正アクセスを検知したもの。機械的な総当たり攻撃で、秒間30件を超えるログイン要求を行っており、同社が調査を行ったところ、約3万アカウントに不正ログインの痕跡が残っていたという。

これを受け同社では、対象となるアカウントに対してログインを一時的に凍結し、利用者に対してパスワードの変更を依頼した。3日時点ではユーザーの氏名や住所、電話番号など含む登録情報ページや、決済情報含むページへのアクセスは確認されていない。またウェブメールサービス「gooメール」の受信箱に対するアクセスもなかったという。

同社では引き続き被害状況の調査を行うとともに、モニタリングを強化する。また再発防止に向けて、全ユーザーにパスワード管理の厳格化を求めていく。

(Security NEXT - 2013/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
脆弱な「Drupal」サイトをボット化、仮想通貨発掘させる攻撃が発生
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
国内で「Mirai」の感染活動を継続的に観測 - セキュリティ機関が注意喚起
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
ランサムウェア「AES_NI」「BTCWare」被害者向けに復号化ツール
Windowsで動作する「Mirai拡散マルウェア」 - 中国語環境で作製
GoogleとCWI、同一「SHA-1ハッシュ」持つ2種類のPDFを公開 - 衝突攻撃「SHAttered」を実証