Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google Play」上に複数のワンクリック詐欺アプリ - いずれも500件以上インストール

アダルトコンテンツを提供する無償アプリを装い、ワンクリック詐欺サイトへ誘導するアプリが、「Google Play」上で流通している。連絡帳から情報窃取などは行わないものの、個人情報を取得したように見せかけ、ユーザーに金銭の支払いを求めるという。

トレンドマイクロによれば、問題のAndroidアプリは、インストールするとユーザーをアダルトサイトへ誘導し、年齢認証のあと不正請求画面を表示して送金を促す不正アプリ。

スマートフォンからのアクセスした場合のみワンクリック詐欺サイトを表示するよう設計されていた。ユーザーの個人情報を把握したように見せかけ、金銭を要求する。

同一の開発者から、3月24日より3種類のアプリが公開されており、26日前後からダウンロードランキングに入り着実に順位を上げているという。同社が3月29日に確認した際、100件から500件がインストールされていたが、編集部で週明けとなる4月1日に確認したところ、いずれもインストール件数が500件から1000件に拡大している。

従来の不正アプリは、端末内の個人情報を外部に送信する機能を備えていたが、今回のアプリは、ワンクリック詐欺サイトへ誘導する目的のみで作成されていたという。インストール時に、連絡帳へのアクセス許可を求めないため、不正アプリと気が付かずダウンロードしてしまう危険性があると同社では指摘し、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
「詐欺被害相談サイト」に見せかけた架空請求に注意を - 電話番号でSEOか
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移
IPAが10大脅威を選出 - 注目集めるランサムウェア
「ウイルス検出」とだます偽警告、1年間で約15倍に
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
アダルト請求解決装う業者に注意 - 検索結果から誘導