Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁、140人体制のサイバー攻撃特別捜査隊を新設 - 民間登用、語学力も重視

警察庁は、4月より13都道府県警察に「サイバー攻撃特別捜査隊」を設置する。約140人の専従捜査員を配置し、サイバー攻撃対策の推進体制を強化する。

20130329_np_001.jpg

今回新設されたサイバー攻撃特別捜査隊は、警視庁をはじめ、大阪、京都、愛知、福岡、北海道、香川など管区警察局所在県を中心とする13都道府県に配置。

サイバー攻撃の情報収集、犯罪捜査や予防などを推し進めるほか、管轄外の他都道府県警察を支援。警察庁情報通信局、各管区警察局、北海道警察情報通信部の技術部隊「サイバーフォース」と連携する。

専従捜査員は、情報通信や生活安全部門との人事交流に加え、情報収集や警備犯罪の捜査に従事してきた捜査員を配置。

さらに民間企業から中途採用した技術者や、サイバーテロ対策専科の修了者など、情報通信技術の専門知識を持つ職員を確保。また外国からのサイバー攻撃への体制を構築するため、語学力も重視していくという。

(Security NEXT - 2013/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に