Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、組織の内部不正を防止するためのガイドラインを策定

情報処理推進機構(IPA)は、企業内部おける不正対策を効果的に実施できるよう「組織における内部不正防止ガイドライン」を策定し、公開した。

同ガイドラインは、同機構が設置した有識者による「組織における内部不正防止ガイドライン作成委員会」の成果物。

情報漏洩をはじめ、組織の内部関係者による不正行為が、事業継続に大きな影響を与えかねないとして、これまでも調査研究を進めており、今回のガイドラインでは、対策の重要性や関連法、事例などを取りまとめた。

内部不正対策に関し、基本方針、資産管理、技術的管理、証拠確保、コンプライアンス、職場環境、事後管理など10種類の観点から30項目の具体的な対策を盛り込んだ。

これまで組織内部の不正対策について検討や対策を講じていない企業であっても、体制を整備できるよう工夫したという。また防止にくわえ、早期発見や拡大防止の対策についても言及。チェックシートなども用意した。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生