Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 広島大病院

広島大学病院の医師が、患者265人の個人情報含むUSBメモリを院内で紛失していたことがわかった。

所在が不明となっているUSBメモリには、同医師が臨床研究に活用するため電子カルテを参考に作成した資料が、論文や実験データとともに保存されていた。2月28日に同医師が研究室でメモリを使用した後、院内で紛失したと見られている。

患者265人の氏名、性別、年齢、病名、主治医名、入院日、経過、検査所見などが含まれる。そのうち97人のデータにはパスワードが設定されていた。同院では、対象となる患者に対し、事情を説明し、謝罪する文書を送付した。

(Security NEXT - 2013/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町