Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】ウェブサービスの「利用規約」解説書が登場

技術評論社は、企業がウェブサービスを提供する際、安全かつ円滑に運営するために配慮するべきポイントを解説した『良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方』を発売した。A5判240ページで、価格は2394円。ISBNは、「978-4-7741-5594-4」。

20130322_gi_001.jpg
良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

同書は、ウェブサービスやアプリを提供する上で理解しておきたい「利用規約」の解説書。ウェブサービスに詳しい弁護士の雨宮美季氏、企業法務を支援してきた片岡玄一氏、橋詰卓司氏が執筆した。

ウェブサービスを守る「利用規約」にくわえ、「プライバシーポリシー」や「特定商取引法に基づく表示」など、ウェブサービスに関する法規制の必須知識を解説。相談事例をもとにわかりやすく説明し、トラブルが発生しやすいシーンをもとに、注意すべきポイントを紹介している。

また各種ドキュメントにはひな形を用意。さらに「利用規約」と「プライバシーポリシー」については英語版のひな形も収録した。

(Security NEXT - 2013/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
Bitcoinの取引停止を前倒し - 日本仮想通貨事業者協会
100万件超ダウンロードされた人気ゲームアプリに「バックドア」 - Doctor Webが指摘
佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
「パズドラ」チートツール、製作者を逮捕 - ガンホーが声明
ネット公開が危険と感じる個人情報は「携帯電話番号」「顔」
パスワード変更通知に見せかけた三井住友銀偽うメール - 記載URLはすべてワナ
LINE、脆弱性報償金プログラムの実施状況を発表
OMCカードのフィッシング - 規約同意ページも盗用