Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「i-FILTER ブラウザー」に最新版 - スマホにIDやパスワードを残さない「プライバシーモード」

デジタルアーツは、法人向けスマートデバイス用ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー」の最新版となる「同Ver.2.1」をリリースした。

同サービスは、企業や官公庁、教育機関向けのクラウド型ウェブフィルタリングサービス。最新版では、端末に閲覧履歴やキャッシュ、IDおよびパスワードを保存しない「プライバシーモード」を搭載した。

さらに、IDおよびパスワードを特定のタイミングで自動的に削除するよう設定できる機能もあわせて追加した。いずれの機能も、管理者がグループ単位で設定できる。

このほか、コンテンツのダウンロードや文字列のコピー&ペーストが制御できるようになった。また、Android端末では対応済みのベーシック認証、ダイジェスト認証をiOS端末でもサポートした。

価格は5ユーザーで年額1万7325円から。当初はiOS向けに提供し、Android版は4月下旬より提供開始する予定。

(Security NEXT - 2013/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
成果報酬制の脆弱性診断サービス - SHIFT SECURITY
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
ブロックチェーンシステム向けにセキュリティ診断サービス - NRIセキュア
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開