Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESETの法人向けセキュリティ製品にLinuxサーバ向け製品を追加

キヤノンITソリューションズは、ESETの法人向けセキュリティ製品にLinuxサーバ用プログラム「ESET File Security for Linux」を追加し、4月1日より提供開始する。

同プログラムは、Linuxサーバに対応したセキュリティ対策ソフト。法人向けライセンス製品である「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」へあらたに追加し、既存ユーザーは無償でダウンロードできる。ライセンスも従来と同様の価格で提供する。

ヒューリスティック機能を持つThreatSenseテクノロジーを採用。あらかじめ設定したプロファイルをもとに検査を行うオンデマンドスキャンやリアルタイムスキャンが行える。

定義ファイルは、Windows、Mac、Linuxで共通のものを利用。利用するプラットフォームに関係なくマルウェアを検知できる。このほか、ESETクライアントプログラムがインストールされたPCに対して定義ファイルやモジュールを配信できるミラーサーバ機能を搭載したほか、クライアント管理用プログラムとの連携も実現している。

(Security NEXT - 2013/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル