Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GREE」で未成年ユーザーに対する誤請求が解消 - 超過金を順次返還へ

グリーは、同社が運営するSNS「GREE」において、一部の未成年ユーザーに対し利用限度額を超えて料金を請求していた問題で、2月28日にシステム障害の修正を完了したと発表した。

同社では、フィーチャーフォンおよびスマートフォン向け「GREE」において、GREEプリペイドカードを除くすべての決済手段で、15歳以下は月間5000円まで、16歳以上19歳以下は月間1万円までと利用限度額を設定していたが、2012年4月1日以降、一部ユーザーで上限額を超えた決済が行われていた。

超過請求に関し、同社では1月18日に問題を公表。以降も月額コースの不具合が、引き続き発生していた。これまでの誤請求とあわせると、誤請求は5423人、総額4910万4235円にのぼる。

同社では、2012年より順次復旧作業を進めてきたが、2月28日に月額コースの不具合を解消し、すべての不具合を解消した。同社では対象となる未成年ユーザーにメールで個別に通知を行い、超過金の返還を順次進める。3月11日時点で714人に対し返還を完了している。

(Security NEXT - 2013/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINE Pay、一部請求処理で不具合 - 通貨単位誤る
専用線サービスで誤請求が判明、1971年から総額7億円超 - NTT東西
OCNダイヤルアクセスサービスで誤請求 - ルータの不具合で
au携帯電話で設定ミスによる課金障害 - 最大約2103万人に影響
法人向け電話サービス「異経路サービス」で誤請求が発生 - NTT東西
交換機の設定ミスで割引適用されず過請求が発生 - NTTドコモ
データ移行時の事務処理ミスで3254件の誤請求 - NTTコム
au携帯電話で作業ミスにより100万件の料金誤請求が発生 - KDDI
交換機の設定ミスで一部過大請求が発生 - NTTドコモ
東邦ガス、リース契約書の紛失と誤請求が判明