Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、モバイルアプリの脆弱性検査ソフトが iOSに対応

日本IBMは、スマートデバイス向けアプリケーションの脆弱性を検査するソフトウェアの最新版「IBM Security AppScan Source V8.7」を3月25日より提供開始する。

同製品は、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションの脆弱性検査を行うセキュリティソリューション「IBM Security AppScan」を構成するソフトウェア。最新版では、従来より対応している「Android」にくわえ、「iOS」に対応した。

アプリケーションの開発段階でソースコードを分析する「静的解析」により脆弱性を診断。脆弱性に起因する情報漏洩リスクなどを低減する。開発の上流で脆弱性を発見できるため、開発期間の長期化やコストの増大を抑制する。

(Security NEXT - 2013/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
OSS開発者向けにウェブアプリ脆弱性検査サービスを無償提供 - ビットフォレスト