Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ウイルスや脆弱性を発見する無償ツール - 他社製品と共存も可能

カスペルスキーは、セキュリティ対策の状態についてアドバイスする無償ツール「カスペルスキーセキュリティスキャン」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内のウイルスやソフトウェアの脆弱性を発見し、レポートを提供するソフトウェア。同社ウェブサイトより無償でダウンロードすることができる。

最初にウイルス対策ソフトのアップデート状態やファイアウォールの利用状況を確認。さらに、悪意のあるプログラムや脅威、脆弱性の有無についてチェックする。

同ツールでは、クラウド基盤や同社の製品と同じ定義ファイルを利用。ルートキット以外のマルウェアを検知する。他社製品の利用環境下でも利用できるという。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成