Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、ウイルスや脆弱性を発見する無償ツール - 他社製品と共存も可能

カスペルスキーは、セキュリティ対策の状態についてアドバイスする無償ツール「カスペルスキーセキュリティスキャン」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内のウイルスやソフトウェアの脆弱性を発見し、レポートを提供するソフトウェア。同社ウェブサイトより無償でダウンロードすることができる。

最初にウイルス対策ソフトのアップデート状態やファイアウォールの利用状況を確認。さらに、悪意のあるプログラムや脅威、脆弱性の有無についてチェックする。

同ツールでは、クラウド基盤や同社の製品と同じ定義ファイルを利用。ルートキット以外のマルウェアを検知する。他社製品の利用環境下でも利用できるという。

(Security NEXT - 2013/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布