Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」が深刻な脆弱性を修正 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、複数の脆弱性に対応した「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。

今回のアップデートは、メモリ破壊など4件の脆弱性を解消するプログラム。脆弱性が悪用されると、システムの制御を奪われるおそれがある。全プラットフォームに影響があり、同社ではアップデートを呼びかけている。

同社では、最新版としてWindowsとMac OS Xの利用者向けに「同11.6.602.180」、Linuxに「同11.2.202.275」を提供。さらにAndroidユーザーに対しては「同11.1.115.48」「同11.1.111.44」を用意した。ただし、Androidへの新規提供は2012年8月に終了しており、従来からの利用者に限られる。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」へ同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応。また「Adobe AIR」についても「3.6.0.6090」へアップデートした。

適用優先度を見ると、同社では「Windows」を3段階中もっとも高い「1」にレーティングしており、72時間以内にできるだけ早くアップデートを実施するよう推奨している。

「Mac OS X」は、1段階低い「2」としており、30日以内のアップデートが目安とされている。それ以外のプラットフォームは、適用優先度「3」となっている。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性