Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で番組モニターの個人情報流出 - NHK高知

NHK高知放送局において、番組モニターへメールを送信した際、誤って前年度モニターの一覧表を送信するミスが発生した。

職員が2月28日、2013年度前期の番組モニター10人に対し、案内メールを送信した際、誤って2012年度後期番組モニターの一覧表を送信したという。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど11人分の個人情報が記載されていた。

同局では、関係者11人に対して謝罪し、事情を説明した。また誤送信の送信先となったモニターに対してもメールの削除を依頼するなど、対応を行っている。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
モニター向け案内メールの誤送信でメアド流出 - 長野市
ニフティ子会社で3万件の不正ログイン被害 - 登録情報漏洩の可能性
モニターに送信した案内メールを誤送信、氏名とアドレス流出 - 板橋区
アンケートサイト「あんぱら」で約1万5000件の不正ログイン - ポイントの不正利用も
下着キャンペーン応募者の個人情報がネット上で閲覧可能に - グンゼ
メールの「CC」配信でアプリモニターのアドレス流出 - キッズスター
通販サイト「日本きらり」で顧客情報が閲覧可能に - 出光クレジット
メール誤送信で氏名やアドレスを受信者間で閲覧可能に - トヨタホーム近畿
メール誤送信でモニター登録者のアドレス流出 - 横浜市交通局