Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとアカマイ、DDoS攻撃への対策ソリューションで連携

ラックとアカマイ・テクノロジーズは提携し、大規模かつ巧妙となりつつDDoS攻撃に対応するソリューションを展開する。

同ソリューションは、アカマイの「KONAセキュリティソリューション」とラックのセキュリティサービスを組み合わせて提供するもの。

「KONAセキュリティソリューション」では、世界81カ国に展開する約13万台のサーバを活用。大量のアクセスが集中するDDoS攻撃によりウェブシステムが停止するリスクを排除し、ダウンタイムの発生やデータの窃取といった被害を防止する。

さらにラックでは、同ソリューションにくわえ、セキュリティ監視センター「JSOC」による監視サービスを提供することで、システムの安定運用を支援。日本特有の攻撃に対しても、ラックの独自シグネチャで対応できる。

ラックでは、今回の協業を通じて既存顧客にくわえ、アカマイの利用者に「JSOC」による監視サービスを提供。さらにワールドワイドにおける新規顧客に対しても同ソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
9月19日ごろよりDDoS脅迫メール出回る - 攻撃グループ「Phantom Squad」名乗る
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
ウェブサイトの安全運用、必要な「点検」やその「頻度」は?
カブドットコム証券にDDoS攻撃 - 一時アクセスしづらい状態に
「FF14」にDDoS攻撃 - 断続的なネットワーク障害が発生
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで