Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通FIP、ファイル送信ツール「Confidential Posting」のクラウド版

富士通エフ・アイ・ピーは、ファイル送信ソリューション「Confidential Posting」のクラウド版を提供開始した。

同システムは、最大2Gバイトの大容量ファイルに対応したファイル送信ソリューション。ファイルは送信する前に、端末上でAESによる暗号化を行うが、独自の「ラッピング技術」により、受信者側でID登録やセットアップをせずに受信や返信ができる。

ファイル送信時に上長の承認を必要とする承認ワークフローの設定や、複数に対する一斉送信、あらかじめ指定したファイルの自動送信などのオプション機能を用意している。

従来のオンプレミスにくわえ、要望に応えてクラウド版を投入したもので、Active Directoryとの連携などカスタマイズ可能な「専用型」と、安価で短期間に導入できる「共用型」の2タイプから選べる。価格は、初期費用10万5000円、月額4万2000円から。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品