Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Javaの深刻な脆弱性を修正するアップデート

Appleは、Javaの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデート「Java for OS X 2013-002」「Mac OS X v10.6 Update 14」を提供開始した。

ゼロデイ攻撃が報告されている「CVE-2013-1493」をはじめ、Oracleが3月4日に「Java 1.6.0_41」に含まれる2件の脆弱性を修正したのを受け、「Mac OS X」向けのアップデートを用意したもの。適用すると最新版となる「Java 1.6.0_43」へ更新される。

問題の脆弱性は、サンドボックス外でJavaアプレットを実行されるおそれがあり、細工されたウェブサイトを訪問すると、任意のコードを実行されて制御を奪われる可能性がある。

(Security NEXT - 2013/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティアップデート「Firefox 62.0.3」がリリース - 深刻な脆弱性2件を修正
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
「Apache ActiveMQ」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
脆弱なERP、機密情報流出のおそれ - 「SAP」「Oracle EBS」など標的に
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響