Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、2Uサイズの高スループットセキュリティゲートウェイ

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティゲートウェイ「Check Point 21700 Appliance」を発表した。

同製品は、デフォルト状態でファイアウォールにおいて78Gbps、IPSにおいて25Gbpsのスループットを実現したセキュリティゲートウェイ。必要に応じてセキュリティ機能を追加可能で、2Uサイズとコンパクトながら、通信インタフェースを最大37ポートまで拡大できる。

低レイテンシーやトランザクションの性能が重視される環境においてマルチレイヤーにおける保護が可能となるよう最適化しており、ハードウェアアクセラレータ「Security Acceleration Module」を装着することにより、ファイアウォールで最大110Gbpsのスループットを実現するという。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ