Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AXSEED、MDMシステムにアプリの評価情報を提供するオプション

AXSEEDは、MDMシステム「SPPM2.0」において「アプリフィルタリングオプション」を4月より提供開始する。

「SPPM2.0」では、ホワイトリストやブラックリストによる制御機能を提供しており、同オプションにより、管理者がアプリの安全性を判断するための情報を提供する。価格は、端末1台あたり月額210円。

提供する情報は、Android情報サイト「アンドロイダー」がAPIにより提供しているアプリのセキュリティ情報。同サイトでは、アプリ開発者の身元確認やトレンドマイクロの評価システムにより、アプリの安全性について独自に評価を実施している。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも