Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省と経産省、「電子政府推奨暗号リスト」を公表

総務省と経済産業省は、電子政府が利用する暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECが策定した「電子政府推奨暗号リスト」を公表した。

2012年12から1月にかけてパブリックコメントを実施し、意見を踏まえた上で、2003年に策定した「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を約10年ぶりに改定したもの。今後、政府機関における情報システムを調達したり、利用する際に参照される。

ハッシュ関数「SHA-1」、および公開鍵暗号「RSA 1024」については、2012年10月に情報セキュリティ対策推進会議が決定した移行指針を踏まえて利用することになる。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割