Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

S&Jとセキュアブレイン、未知のウイルスに感染した企業の対応を支援する新サービス

S&Jコンサルティングは、セキュアブレインと共同開発した「標的型攻撃被害復旧支援サービス」を提供開始した。

同サービスは、標的型攻撃による未知のウイルスへ感染した際の対応を支援するもの。ウイルスへ感染したPCのハードディスクを複製し、両社で開発した専用ソフト「Disk Excavator for Virus」を用いて未知のウイルスの検体候補を特定。パターンファイルの作成や組織全体のフルスキャンなど行う。

オプションサービスとして、感染端末から感染していない業務ファイルの救出やネットワークの感染診断、緊急対応や再発防止策など事後対応も支援する。感染経路の特定や漏洩した情報の調査を短時間で行うSourcefire製セキュリティソリューション「FireAMP」の導入支援なども提供する。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ