Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月はウイルスメールが減少するもマルウェア配布サイトは前月の3倍に

シマンテックは、1月に検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。ウイルス感染メールが減少する一方、マルウェア配布サイトが3倍に増加するなど動きが見られた。

1月に同社が検知したマルウェア配布サイトは、1日あたり2256件。2012年12月の762件から約3倍へと拡大している。2012年11月(1847件)、10月(933件)とこのところ激しく増減を繰り返している。

あらたにブロックした悪質なドメインは全体の39.1%で、前月から0.5ポイント縮小した。あらたにブロックしたウェブベースのマルウェアは全体の11%で、前月より0.9ポイント減少している。

ウイルス感染を目的としたメールの割合は0.25%。400通に1通の割合で送信されており、277.8通に1通の割合で送信された前月からさらに後退した。

2012年後半から緩やかな減少傾向が続いており、2009年以来最低の割合となっている。同社では、年末年始の休暇が影響した可能性を考慮しつつも、ウイルスの配布方法に変化が生じている可能性もあると分析する。

メール感染型マルウェアでもっとも多く検知されたのは、前月と変わらず「Suspicious.JIT.a-SH」だった。割合は32.9%で前月の28.8%をさらに上回った。ポリモーフィック型マルウェアの割合は0.2%で、前月に引き続き減少している。

流通する全メールに占めるスパムの割合は64.1%で、前月を6.5ポイント下回った。フィッシングメールの割合は0.197%で、前月より0.068ポイント減っている。

エンドポイントで最もブロックされたマルウェアは「W32.Sality.AE」で、全体の7.5%にのぼる。また、ブロックされた全マルウェアの17.9%を「W32.Ramnit」の亜種が占め、8.3%は「W32.Sality」の亜種だった。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移