Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CRYPTREC、シンポジウムを開催 - 暗号リストを10年ぶりに改定

電子政府推奨暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECでは、3月26日に都内でシンポジウムを開催し、改定した「CRYPTREC暗号リスト」や活動状況について報告を行う。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2013」では、10年ぶりの改定となる2012年度版の「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を説明。さらに委員会やワーキンググループによる報告や関係者によるパネルディスカッションを予定している。

参加費は無料で、定員は300名。同プロジェクトのウェブサイトにて事前申込を受け付けており、定員となり次第締め切る。

CRYPTRECは、総務省と経済産業省が共同で運営する暗号技術検討会と、情報通信研究機構(NICT)および情報処理推進機構(IPA)による暗号方式委員会、暗号実装委員会、暗号運用委員会により構成されているプロジェクト。電子政府が利用する暗号の安全性について評価や監視を行うほか、実装や運用方法についても調査検討を行っている。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず