Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CRYPTREC、シンポジウムを開催 - 暗号リストを10年ぶりに改定

電子政府推奨暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECでは、3月26日に都内でシンポジウムを開催し、改定した「CRYPTREC暗号リスト」や活動状況について報告を行う。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2013」では、10年ぶりの改定となる2012年度版の「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を説明。さらに委員会やワーキンググループによる報告や関係者によるパネルディスカッションを予定している。

参加費は無料で、定員は300名。同プロジェクトのウェブサイトにて事前申込を受け付けており、定員となり次第締め切る。

CRYPTRECは、総務省と経済産業省が共同で運営する暗号技術検討会と、情報通信研究機構(NICT)および情報処理推進機構(IPA)による暗号方式委員会、暗号実装委員会、暗号運用委員会により構成されているプロジェクト。電子政府が利用する暗号の安全性について評価や監視を行うほか、実装や運用方法についても調査検討を行っている。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響