Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の借入申込関係書類を紛失 - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、近畿支店において、顧客情報が記載された書類9件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在不明になっているのは、借入申込関係書類9件で、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日などが記載されていた。2012年12月28日に紛失が判明したもので、関連する問い合わせなどは寄せられていないという。

同機構では、支店内で誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市