Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が法人顧客の出荷情報約を不正提供 - 佐川急便

佐川急便は、元従業員が法人顧客の出荷情報を同業他社へ不正に提供していたと発表した。

元従業員が、2010年1月から2012年10月にかけて、同社法人顧客1社の出荷情報を、許可なく顧客の同業他社1社に対して提供していたもの。件数は累計で約1万件にのぼるという。

不正に提供された情報には、発送先の顧客名、住所、電話番号などの情報が含まれる。すべて企業向けの発送明細で、個人の情報は含まれない。同社では、社員教育を徹底し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
職員が同窓会目的で個人情報照会システムを利用 - 前橋市
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市