Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、取締役に元SymantecのSalem氏を招聘

米FireEyeは、Symantecの前社長兼CEOを務めたEnrique Salem氏を取締役に任命した。

同氏は、前職Symantecへ19年にわたり在職。社長やCOO、マーケティングやコンシューマー製品の担当役員など歴任した。米大統領の運営諮問委員会のメンバーも務めている。

同氏は、企業の保護においてFireEyeが開発する仮想化セキュリティ技術が注目を集めていると語り、今後は取締役会の他メンバーとともに同社の成長を目指す。

同社CEOは、McAfeeの前社長兼CEOの経験を持つDavid DeWalt氏。同氏をはじめ、GoogleやPeopleSoft、米国防総省の元CISOなど8名が取締役会のメンバーを務めている。

(Security NEXT - 2013/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
元役員による個人情報持ち出しが発生したDEXに行政指導
アークン、なりすましが不正アクセスの原因 - 全取締役を処分