Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資格登録者のメールアドレスが流出 - 建築コンサルタンツ協会

建築コンサルタンツ協会は、メール配信プログラムの不備により、CALS/EC資格登録者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、CALS/EC資格登録者のメールアドレス2582件。2月13日に情報提供メールを一括配信した際、送信先が宛先に設定されていたため、すべての送信先メールアドレスが受信者間で確認できる状態となった。

同協会によれば、従来より配信用プログラムを用いて送信していたが、今回添付ファイルを送信する必要があり、プログラムを変更したところ誤送信が発生したという。同協会では対象となる登録者に対し、謝罪の文書を送付した。

(Security NEXT - 2013/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガ配信リスト作成時のミスで個人情報流出 - 夢なび
メルマガ誤送信で読者125人のアドレス流出 - 函館市地域交流まちづくりセンター
美容情報誌の発売案内メールで誤送信、読者のアドレス流出
メルマガ誤配信で読者のアドレスが流出 - エンジニア向け情報提供サイト
メール誤送信でランニング大会参加者のアドレス流出 - フィットラン
メルマガ誤配信で読者のアドレス986件流出 - 外務省
報道関係者向けメールでメールアドレスなどが流出 - PR会社
メルマガ誤送信で読者のアドレスを流出 - 堺市
情報提供メール誤送信でアドレス157件を流出 - 神奈川の県立施設
地域振興メルマガ誤送信で読者のアドレスを流出 - 埼玉県