Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワークショップ事業でメーリングリストの運用ミス - 豊島区

豊島区は、「虫をつくるワークショップ」事業の参加者3人から送られたメールを、ほかの参加者186人に誤って送信したことを公表した。

同区によると、「としまアートステーション構想」事務局が「虫をつくるワークショップ」にこれまで参加した186人のメーリングリストを作成。2月9日16時19分ごろ案内メールを送信したが、その際送信設定を誤ったため、参加者3人からの返信メールがメーリングリスト登録者全員に送信された。これにより、メールアドレスなどの個人情報が流出した。

同区では流出の対象となる3人に電話で謝罪したほか、メールの受信者に誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を実施している。

(Security NEXT - 2013/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」のフルリゾルバに脆弱性 - リモートより悪用されるおそれ
OpenSSL、セキュリティ修正を9月22日にリリース予定
3社に1社、過去1年にサイバー攻撃受ける - 半数で被害
OpenSSLの更新が3月1日に公開予定 - 重要性「高」含む脆弱性に対処
システム不具合と操作ミスで個人情報をMLへ誤配信 - 北情大
内部メール誤送信で登録スタッフの口座情報が漏洩 - 大阪産業創造館
GMOメディアのMLサービスで不具合 - 他人のリストが閲覧可能に
VM環境が影響を受ける深刻な脆弱性「VENOM」 - 2004年以降存在
IEに未修正の脆弱性 - 実証コードは公開済み
標的型攻撃でマルウェア感染、個人情報が流出 - JETRO