Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、複数のアクセス制御に対応するクラウド型リモートアクセスサービス

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、リモートアクセスサービスのラインナップに「IIJ GIOリモートアクセスサービス」を追加し、2月28日より提供開始する。

同サービスは、端末の種類を問わず、自宅や外出先からインターネット回線を利用してIIJのサービスへ接続できるようにする、クラウド型のリモートアクセスサービス。VPN接続時のアカウント認証にくわえ、接続時間帯や接続元IPアドレス、MACアドレス、サービス単位でのアクセス制御に対応している。

VPN接続時のプロトコルはSSTP、L2TP/IPsec、PPTPに対応。2013年春には「マトリックス認証オプション」を追加する予定。

申し込みは1セッションから可能で、利用セッション数やオプションに応じて価格が変動する。100セッション(300ユーザー)の場合、月額8万6940円から。

(Security NEXT - 2013/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Juniperから事業譲渡受けた米Pulse Secure、日本法人を設立
日立システムズ、マルチデバイス対応リモート接続サービスを提供
ソリトン、リモートアクセスソリューションにジェイルブレイク検知機能を追加
米Remotiumの仮想基盤活用するBYOD環境構築ソリューション - 日立ソリューションズ
アルテリア、SDNを利用したMDMサービスをリリース
KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス
「NOSiDE」が不許可アプリの検出に対応 - NTTデータ先端技術
「FFR yarai」が「DLLプリロード攻撃」に対応 - 「.NETマルウェア」の攻撃も防御
NTTPC、公私分離でBYODを実現するリモートアクセスサービス
NTTデータ先端技術、RDP接続に特化したリモートアクセス検疫ソリューション