Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テスト環境の設定不備でメール誤送信が発生 - 経済産業調査会

経済産業調査会において、メールの誤送信が発生し、関係者のメールアドレスが流出した。

同団体によれば、2月9日から10日にかけて、サーバのテスト環境においてCGIの動作テストを行ったところ、同団体宛に送られたメールのアドレスを、メールマガジンの一部購読者宛てに誤って転送する事故が発生したという。

同団体ではメール配信システムを停止、ログを調査したところ、テスト環境におけるメールの宛先が誤って設定されていることが判明した。ウイルスや不正アクセスなどの被害については否定している。

同会では事故の発生を受け、誤送信したメールの削除を依頼するなど対応を実施。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
メール誤送信で海外メディア記者のメアド流出 - 東京マラソン財団
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル
誤送信でメアド流出、システム改修中の手動配信で - 佐賀県
展示会案内メールの誤送信でメアド流出 - イベント企画会社
交流会案内メール誤送信でメアド流出 - CBコンサル
イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 日本自動車機械工具協会
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - サイサン
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム