Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テスト環境の設定不備でメール誤送信が発生 - 経済産業調査会

経済産業調査会において、メールの誤送信が発生し、関係者のメールアドレスが流出した。

同団体によれば、2月9日から10日にかけて、サーバのテスト環境においてCGIの動作テストを行ったところ、同団体宛に送られたメールのアドレスを、メールマガジンの一部購読者宛てに誤って転送する事故が発生したという。

同団体ではメール配信システムを停止、ログを調査したところ、テスト環境におけるメールの宛先が誤って設定されていることが判明した。ウイルスや不正アクセスなどの被害については否定している。

同会では事故の発生を受け、誤送信したメールの削除を依頼するなど対応を実施。不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で委託先担当者情報など流出 - 東京都公園協会
メール誤送信で職員採用試験申込者のメアド流出 - 長野県
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
メール誤送信でモニターの個人情報が流出 - コタ
メールを誤送信、意見調査対象の事業者間でメアドが流出 - 大阪市
スマホ向けRPG「陰陽師」のメルマガで誤送信 - メアドが流出
メール誤送信で海外メディア記者のメアド流出 - 東京マラソン財団