Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでTwitterのユーザー情報約25万人分が外部漏洩の可能性

Twitterを利用する約25万人分のユーザー情報が、不正アクセスにより外部へ漏洩した可能性があることがわかった。同社はパスワードのリセットなど対策を講じたという。

同社に対して通常のパターンとは異なるアクセスがあり、調査をしたところユーザー名やメールアドレスのほか、セッションIDや暗号化されたパスワードなど取得された可能性があることが判明した。

同社では、情報が漏洩した可能性があるアカウントに対し、パスワードのリセットを実施。セッションIDを破棄した。関連するユーザーには、メールでパスワードを再設定するよう案内した。

今回の不正アクセスについて同社は調査を進めているが、洗練された手口で素人による攻撃ではないと分析。同社以外にも幅広い企業や組織が今回の攻撃の対象となっている可能性もあることから、情報を公開に踏み切ったという。

同社では、今回の不正アクセスとは直接関係ないユーザーも含め、セキュリティ上の被害を防止するため、セキュリティの強化を呼びかけている。

パスワードについては、アルファベットの大文字、小文字、数字、記号などを混ぜた10文字以上のパスワードを利用し、使い回しは避けるよう求めた。またブラウザにおいて、Javaを利用しないよう勧めている。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明