Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働者の個人情報含む書類を一時紛失 - 大阪府の労働福祉センター

大阪府は、あいりん労働福祉センターの清掃業務に従事した労働者と監督者の個人情報含む書類の一時紛失について公表した。

一時紛失していたのは、1月26日と27日に同センターの清掃業務に従事した40人の氏名、生年月日、年齢、および監督者2人の氏名が記載された業務報告書。27日18時ごろ、清掃作業の管理をしている財団の職員が報告書をセンター内で受け取り、センターのフロアに置き忘れた。

翌28日8時30分ごろ紛失が判明。13時過ぎにセンター利用者から届出があり回収した。財団では対象となる関係者に対し、個別に説明や謝罪を行っている。また再発防止のため、名簿の管理方法を変更するほか、個人情報保護に関する研修を実施するという。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構
衣装ケースに入った顧客リスト約6000件、店舗駐車場に放置 - NTT西