Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キューアンドエー、詐欺ソフトや不正請求ソフトの駆除サービスを提供

キューアンドエーは、リモートサポートサービス「偽装ソフト駆除サポート」「アダルト請求画面駆除サポート」を、2月1日より開始する。

いずれも個人を対象としたサポートサービス。「偽装ソフト駆除サポート」では、不安を煽り、購入を促すいわゆる「偽セキュリティ対策ソフト」などの感染診断や駆除作業を行う。作業時間は約1時間で、料金は9450円。

「アダルト請求画面駆除サポート」は、有料アダルトサイトの料金請求画面を繰り返し表示する不正ソフトの駆除を支援し、画面表示を停止させる。作業時間は約30分で、料金は6300円。

いずれも専門スタッフがインターネット経由で遠隔操作により対応する。別途料金により訪問サポートへの切り替えにも対応する。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応