Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キューアンドエー、詐欺ソフトや不正請求ソフトの駆除サービスを提供

キューアンドエーは、リモートサポートサービス「偽装ソフト駆除サポート」「アダルト請求画面駆除サポート」を、2月1日より開始する。

いずれも個人を対象としたサポートサービス。「偽装ソフト駆除サポート」では、不安を煽り、購入を促すいわゆる「偽セキュリティ対策ソフト」などの感染診断や駆除作業を行う。作業時間は約1時間で、料金は9450円。

「アダルト請求画面駆除サポート」は、有料アダルトサイトの料金請求画面を繰り返し表示する不正ソフトの駆除を支援し、画面表示を停止させる。作業時間は約30分で、料金は6300円。

いずれも専門スタッフがインターネット経由で遠隔操作により対応する。別途料金により訪問サポートへの切り替えにも対応する。

(Security NEXT - 2013/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化