Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」のレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」について、概要や対策時のポイントを資料として取りまとめ、公開した。

「DOM Based XSS」はクロスサイトスクリプティングのひとつ。ブラウザのプラグインなど、クライアント側のプログラムに作り込まれてしまうケースがあり、JavaScriptから動的にHTMLを操作するアプリ全般に注意が必要だという。

これまで届出は目立っていなかったものの、2012年後半に同脆弱性の届け出が増加。第3四半期の3カ月間に38件の届け出が寄せられたが、第4四半期には92件へ急増したという。解説資料も少ないことから同機構では、コード例や対策のポイントを解説した技術レポートを取りまとめた。

同資料の対象読者は、ウェブサイトの開発者や運営者、JavaScriptによる動的なHTML操作をするアプリの開発者。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「CS-Cart日本語版」にXSSの脆弱性 - パッチがリリース
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース