Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の氏名や職業体験先など記載した一覧表を紛失 - 横浜市

横浜市は、生徒の個人情報や職業体験先事業所の情報などが記載された一覧表が所在不明になっていることを公表した。

同市中学校の教師が紛失したもので、資料には、同中学校2年生190人の名字、67人の氏名、担当教諭31人の名字、および職業体験先事業所75カ所の名称や住所、電話番号などが記載されていた。

1月23日、資料を鞄に入れて朝から体験先事業所の巡回を行っていたが、14時ごろ学校に戻って確認したところ、資料がなくなっていることに気付いたという。同校では生徒および保護者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
中学校で成績含む資料が約2カ月間放置状態に、生徒が発見 - 横浜市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
中学校で生徒の個人情報が所在不明に - 堺市