Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキーモバイルセキュリティが「Android 4.2」に対応

カスペルスキーは、Android向けセキュリティ対策アプリの最新版「モバイルセキュリティ for Android MP5 CF1」をリリースした。

同製品は、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットで利用できるセキュリティ対策アプリ。マルウェア対策、プライバシー保護、迷惑電話やSMSスパム対策、紛失対策のほか、ウェブサイトをスキャンして危険なサイトへのアクセスをブロックする機能などを備えている。

最新版では、従来より対応を予定していたAndroid 4.2へあらたに対応した。既存ユーザーは、ライセンス有効期間であれば同社サイトから最新版をダウンロードして利用できる。

ダウンロード版の価格は、1年1台版が2980円。1台で2年利用するか2台で1年利用できるツインパックが4480円。

(Security NEXT - 2013/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI