Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サーバ向けESET製品を発売 - Linuxにも対応

キヤノンITソリューションズは、サーバ向けセキュリティ対策製品「ESET File Security for Linux/Windows Server」を2月1日より出荷開始する。

同製品は、サーバにおけるウイルスやスパイウェア対策を実現するマルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策ソフト。ヒューリスティック検知機能を搭載しており、新種マルウェアなどへも対応する。

今回あらたに「Windows Server 2012 Essentials」へ対応したほか、対応プラットフォームとして「Linux」を追加しており、幅広い環境で利用できるようになった。1ライセンスの価格は2万1000円で、1年間利用することが可能。更新価格は1万500円。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加