Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サーバ向けESET製品を発売 - Linuxにも対応

キヤノンITソリューションズは、サーバ向けセキュリティ対策製品「ESET File Security for Linux/Windows Server」を2月1日より出荷開始する。

同製品は、サーバにおけるウイルスやスパイウェア対策を実現するマルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策ソフト。ヒューリスティック検知機能を搭載しており、新種マルウェアなどへも対応する。

今回あらたに「Windows Server 2012 Essentials」へ対応したほか、対応プラットフォームとして「Linux」を追加しており、幅広い環境で利用できるようになった。1ライセンスの価格は2万1000円で、1年間利用することが可能。更新価格は1万500円。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
「APIセキュ診断」に設計面からレビューする新メニュー
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
OTネットワークのリスク可視化サービス
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応