Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サーバ向けESET製品を発売 - Linuxにも対応

キヤノンITソリューションズは、サーバ向けセキュリティ対策製品「ESET File Security for Linux/Windows Server」を2月1日より出荷開始する。

同製品は、サーバにおけるウイルスやスパイウェア対策を実現するマルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策ソフト。ヒューリスティック検知機能を搭載しており、新種マルウェアなどへも対応する。

今回あらたに「Windows Server 2012 Essentials」へ対応したほか、対応プラットフォームとして「Linux」を追加しており、幅広い環境で利用できるようになった。1ライセンスの価格は2万1000円で、1年間利用することが可能。更新価格は1万500円。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート