Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月はマルウェア配布サイトが半減、スパムは微増 - シマンテック調査

シマンテックは、2012年12月に検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。マルウェア配布サイトの検知件数が前月から半減している。

同社が12月にあらたに観測したマルウェア配布サイトは1日平均762件。11月の1847件から5割以上減少した。一方、あらたにブロックした悪質ドメインは全体の39.6%で、前月から7.1ポイント増。あらたにブロックしたウェブベースのマルウェアは11.9%で、前月から0.3ポイント微増している。

ウイルスを感染させる目的で送信されたメールの割合は0.36%で、前月から0.03ポイントの減少となった。277.8通に1通の割合で送信されている。そのうち悪質なサイトへのリンクが貼られたメールは27.2%で、前月から13ポイント上昇した。

メール感染型マルウェアでは、前月と変わらず「Suspicious.JIT.a-SH」がもっとも多い。割合は28.83%で前月の15.42%を大きく上回る。ポリモーフィック型マルウェアが占める割合は0.9%で、前月の15.2%から目立った減少を見せた。

流通するメールの70.6%がスパムで、前月より1.8ポイント増加した。10月から2カ月連続で増加しているものの、世界的な減少傾向に変化は見られないという。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムは増加。フィッシングメールの割合は0.27%で、前月より0.225ポイント増加した。

12月にエンドポイントでブロックされたマルウェアで、最も多かったのは「W32.Sality.AE」。全体の6.5%が同マルウェアで、2012年の1年間を通じても、エンドポイントでもっとも多くブロックされた。

(Security NEXT - 2013/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多