Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定番ソフト8製品の脆弱性、1年間に528件

主要8ソフトの脆弱性が増加している。2012年は、1年間に登録された脆弱性がはじめて500件を越えた。2007年から2倍以上へ拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、「Internet Explorer」「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」「Adobe Flash」「Java Runtime Environment(JRE)」「Java Development Kit(JDK)」「Firefox」「一太郎」の脆弱性に関し、脆弱性データベース「JVN iPedia」への登録状況を取りまとめたもの。

2011年は463件だったが、2012年は前年比65件増となる528件に拡大。はじめて500件台に突入した。全般的に増加傾向にあり、2007年の219件と比較すると、2.4倍に拡大している。

同機構は、機密情報や個人情報の窃取などを目的としたサイバー攻撃では、特にこうしたソフトウェアの脆弱性が狙われていると指摘。「MyJVNバージョンチェッカ」などツールを用いて最新バージョンを利用しているか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
2017年3Qの脆弱性届け出は121件 - 前四半期から半減
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
2016年のモバイルセキュリティ市場は65億円 - 5年後には2倍に
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響