Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報の保存場所を誤って教室内に掲示 - 東京工業高専

東京工業高等専門学校は、学生の個人情報や成績などが校内のサーバ上で関係者以外から閲覧できる状態にあったことを明らかにした。

同校によれば、データは学内サーバ上に保存されており、本来は関係する教職員のみに周知する資料の保存場所を誤って2日にわたり教室内に掲示。関係者以外がデータを閲覧できる状態だった。

同校1年生全員の氏名、クラス、学籍番号、志望学科、志望動機、成績、ホームルーム出席状況といったデータを取得できる状態だった。情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
スキャンした答案用紙を模範解答と誤り配信 - 佐賀県の高校
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
小学校で成績一覧表など所在不明に - 大阪市
小学校教諭が個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 柏市
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
小学校でテストの解答用紙、教室で所在不明に - 大阪市