Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、重要インフラ関係者向けシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、都内で「IPA重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013」を2月22日に開催する。

同イベントは、情報通信や金融、エネルギー、運輸、行政サービスなど、重要インフラ事業者やシステムを提供するベンダーを対象としたシンポジウム。

制御システムにおけるセキュリティの標準化や評価、認証の国内動向を紹介するほか、手口が巧妙化するサイバー攻撃への対策として、米国におけるサイバー攻撃の動向に関する講演やパネルディスカッションが予定されている。

定員は300名で事前申込制。参加費用は無料で専用のメールアドレスにて受け付ける。

(Security NEXT - 2013/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
狙われる「新型コロナ研究情報」、英米政府が注意喚起 - 脆弱なVPNやパスワードが標的に
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
「SaltStack」のスキャン行為を観測 - JPCERT/CC