Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、重要インフラ関係者向けシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、都内で「IPA重要インフラ情報セキュリティシンポジウム2013」を2月22日に開催する。

同イベントは、情報通信や金融、エネルギー、運輸、行政サービスなど、重要インフラ事業者やシステムを提供するベンダーを対象としたシンポジウム。

制御システムにおけるセキュリティの標準化や評価、認証の国内動向を紹介するほか、手口が巧妙化するサイバー攻撃への対策として、米国におけるサイバー攻撃の動向に関する講演やパネルディスカッションが予定されている。

定員は300名で事前申込制。参加費用は無料で専用のメールアドレスにて受け付ける。

(Security NEXT - 2013/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
「Exchange Server」の既知脆弱性がAPT攻撃の標的に
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ