Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、機器のログや通信を相関分析できるソフト

日本アイ・ビー・エムは、組織内のシステムに点在する蓄積されたログを一元管理し、相関分析できるソフトウェア「IBM Security QRadar V7.1」を提供開始した。

同製品は、アプリケーションやデータベース、セキュリティ機器などに個別に蓄積されたログ情報を収集、分析することで、システム全体のセキュリティを可視化できるソフトウェア。

各機器に保存されたログを収集、分析できるだけでなく、ネットワーク上の通信をリアルタイムに観測し、ウイルスが侵入した際や、情報漏洩、改ざんなど、インシデント発生時の原因究明などに活用できる。

また機器ごとの制御ルールを設定可能。「機器へのログインに連続して失敗した後に成功した場合」「海外からのリモート接続が異常に多い場合」など、個別のケースごとに警告を発することができる。

ルール設定にあたっては、ログ情報の相関分析やウイルス検知の結果を活用した複雑なルールを簡単に設定できるよう、1000種類以上のテンプレートを用意したという。

ソフトウェア以外にも、物理アプライアンスや仮想アプライアンスとしても提供する予定で、物理アプライアンスでログ管理機能のみを使用する際の料金は454万935円。

(Security NEXT - 2013/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ