Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURL件数が急増で200件超え - クレカ企業装うサイトが大量に

フィッシング対策協議会は、2012年12月に寄せられたフィッシングの報告状況について取りまとめた。クレジットカード会社を騙るフィッシングサイトが多数確認されている。

レポートによれば、12月のフィッシング報告件数は52件で、前月より9件減少した。しかしながら、フィッシングサイトのユニークURL件数は、前月の80件から207件へと急増。2012年10月に記録した204件をさらに上回った。攻撃に悪用されたブランド件数は5件で、前月の12件から減少している。

報告数が減少したにもかかわらずURL件数が急増したのは、1件ごとの報告に多数のURL情報が含まれていたためで、多くはクレジットカード会社を装ったフィッシングサイトだった。特に、日本人を狙った「マスターカード」のフィッシングサイトが大量に発生している。

また12月14日には、OCNのメールサービスを騙り、IDやパスワードを盗もうとするフィッシングサイトが確認されている。国内金融機関を偽装するケースも継続的に報告されているとして、今後も注意を怠らぬよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類