Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズビル、インフラや制御システム向けマルウェアセンサーを発売

アズビルは、サイバー攻撃やマルウェア感染を検知するセンサー「VISUACT-V」を販売開始した。

同製品は、電力やガス、水道、交通管制センターといった重要インフラや、工場で利用する制御システム向けのマルウェアセンサー。同社とグループ会社であるセキュリティフライデーが開発した。

同社によれば、同製品はネットワーク上や稼働中のシステムへ設置可能で、既存マルウェアだけでなく、未知のマルウェアによるゼロデイ攻撃を検知することができるという。

また制御システムに侵入したマルウェアを確保し、取り出す機能を備えており、マルウェアの研究や対策にも活用できる。

同社では、同製品の投入により2013年度に3億円、3年後に10億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償