Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS子会社、中国現地法人向けにネットワーク脆弱性診断サービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、上海の子会社において、ネットワーク脆弱性診断サービスを開始した。

KCCSは、8月より国内でサービスを展開しており、国内や海外拠点の診断サービスを展開しているが、中国国内のネットワーク環境や需要へ対応するため、今回あらたに上海にある同社子会社の京瓷信息系統有限公司が、現地法人向けに「nCircle PureCloudオンデマンド」を展開する。

同サービスでは、必要に応じてクラウドベースのサービスでシステムを導入せずに利用できる。脆弱性の診断結果レポートは、現地に限らずワールドワイドで確認でき、対策を実施しやすいよう優先順位についても表示する。

価格は100元/IPで10個から対応。同社では、3年間に1億2500万円の売上を目標にサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料