Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴り1冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫において、顧客情報186件が記載された伝票綴り1冊が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、本店営業部が扱う10月16日付けの伝票綴り1冊。顧客186件の氏名、口座番号、金額などが記載されていた。11月14日に委託先から送付された「伝票綴り照合表」をもとに、本店で保管されている伝票綴りの確認を行った際、紛失が判明したという。

同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、外部からの問い合わせなども寄せられていないという。同金庫では、対象となる顧客への報告を行っている。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京