Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の伝票綴り1冊が所在不明に - 京都中央信金

京都中央信用金庫において、顧客情報186件が記載された伝票綴り1冊が所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、本店営業部が扱う10月16日付けの伝票綴り1冊。顧客186件の氏名、口座番号、金額などが記載されていた。11月14日に委託先から送付された「伝票綴り照合表」をもとに、本店で保管されている伝票綴りの確認を行った際、紛失が判明したという。

同金庫では、誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、外部からの問い合わせなども寄せられていないという。同金庫では、対象となる顧客への報告を行っている。

(Security NEXT - 2012/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市